ニュース
» 2013年02月20日 19時45分 UPDATE

キヤノン、「EOS 5D Mark III」「EOS-1D X」修正ファームウェアを予告

「EOS 5D Mark III」「EOS-1D X」が特定の条件時、AFスピードが遅くなる現象を解消する新ファームウェアが提供される。

[ITmedia]
photo 「EOS 5D Mark III」

 キヤノンは2月20日、デジタル一眼レフ「EOS 5D Mark III」「EOS-1D X」において既存機種(「EOS 5D Mark II」「EOS-1D MarkIV」)との比較時、ストロボAF補助光が投光された場合、AF速度(合焦、シャッターレリーズまで)が状況によってわずかに遅くなることがあるとし、対応ファームウェアの提供を告知した。

 新ファームウェアの提供は、「EOS 5D Mark III」用が4月下旬、「EOS-1D X」用が5月下旬の予定となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう