ニュース
» 2013年02月25日 13時00分 UPDATE

新コーディング採用、AFも強化「70-400mm F4-5.6 G SSM II」

ソニーがAマウントの交換レンズ「70-400mm F4-5.6 G SSM II」(SAL70400G2)を発売する。「ナノARコーティング」を採用したほかAFの高速化も果たした。

[ITmedia]

 ソニーは2月25日、Aマウントの交換レンズ「70-400mm F4-5.6 G SSM II」(SAL70400G2)を3月8日より販売開始すると発表した。価格は27万8250円。

photo 「70-400mm F4-5.6 G SSM II」(SAL70400G2)

 既存製品「70-400mm F4-5.6 G SSM」の後継製品で、「500mm F4 G SSM」にて初めて採用された反射防止コーティング「ナノARコーティング」を導入したほか、鏡胴内部やマウント内部の仕上げを見直すことでより黒の引き締まった透明感ある描写を実現した。

 また、SSM(超音波モーター)の採用は継続するがLSIの処理能力が向上しており、既存70-400mm F4-5.6 G SSM比では約4倍の動体追尾性能を達成している。レンズ構成は12群18枚で、最短撮影距離は1.5メートル、最大撮影倍率は0.27倍。サイズは94.5(最大径)×196(長さ)ミリ、約1500グラム(三脚座のぞく)。

関連キーワード

レンズ | Aマウント | 交換レンズ | ソニー | 三脚


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう