ニュース
» 2013年02月25日 13時10分 UPDATE

ソニー、マルチインターフェースシュー対応の小型外付けストロボ「HVL-F20M」

ソニーが「マルチインターフェースシュー」対応、ガイドナンバー20の外付けストロボ「HVL-F20M」を発売する。

[ITmedia]
photo 「HVL-F20M」

 ソニーは2月25日、ガイドナンバー20の外付けストロボ「HVL-F20M」を5月より販売開始すると発表した。価格は1万5750円。

 NEX-7やNEX-6、DSC-RX1、α99などが採用する、「マルチインターフェースシュー」対応の外付けストロボ。発光方向をワンタッチで上方約75度へ回転させる機構を備えており、手軽にバウンス撮影を行える。マルチインターフェースシュー非搭載製品への装着には、別売アダプタ「ADP-AMA」が必要となる。

 カメラ本体に取り付け、ストロボを起こす/寝かすの動作で電源のオン/オフが行える。電源は単四形乾電池(2本)で、サイズは62(幅)×114(高さ)×24(奥行き)ミリ、105グラム(電池のぞく)。

関連キーワード

ストロボ | α | バウンス撮影 | DSC-RX | ソニー


news069.jpg

→ソニーストアで「HVL-F20M」をチェックする
簡単操作で高度なライティングを実現するスタイリッシュな小型フラッシュ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.