ニュース
» 2013年03月04日 15時44分 UPDATE

キヤノン、超高感度の動画撮影専用フルサイズCMOSセンサーを開発

キヤノンが動画撮影専用の35ミリフルサイズ高感度CMOSセンサーを開発した。非常に暗い場所でも撮影可能で、8.5等星以上の暗い星も動画で撮影できる。

[ITmedia]

 キヤノンは3月4日、動画撮影専用の35ミリフルサイズ高感度CMOSセンサーを開発、開発したセンサーでの撮影に成功したと発表した。天体撮影や医療、防犯装置などへの応用を検討しており、3月5日より行われる「SECURITY SHOW 2013」に本センサーを搭載したカメラの試作機と撮影した映像のサンプルを展示する。

photophoto 新開発の動画専用フルサイズCMOSセンサー(写真=左)、新開発センサーを搭載したカメラの試作機(写真=右)

 開発されたフルHD動画撮影専用高感度CMOSセンサーの画素は一辺19マイクロメートルと、フルサイズセンサー搭載デジタル一眼レフ「EOS-1D X」に搭載されている35ミリフルサイズセンサー(センサーサイズ36×24ミリ、約1810万画素)に比べて7.5倍以上となっており、三日月程度の明かり(0.03ルクス程度)でも鮮明な動画を撮影できる。天体撮影に関していえば、8.5等星以上の暗い星を撮影可能であるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.