ニュース
» 2013年03月13日 15時14分 UPDATE

カメラはわずか30グラム ウェアラブルカメラ「HX-A100」パナソニックから

カメラと本体が分離したウェアラブルカメラ「HX-A100」をパナソニックが発売する。カメラ部分の重量は30グラムだ。

[ITmedia]

 パナソニックは3月13日、ウェアラブルカメラ「HX-A100」を5月1日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円前後。

 新製品は身につけることで迫力ある映像を撮影できるいわゆるウェアラブルカメラやスポーツカムなどと呼ばれるジャンルの製品だが、最大の特徴はカメラと本体が分離した構造となっており、撮影時の自由度が非常に高い。

photophoto 「HX-A100」

 本体と有線接続されるカメラ部の重さは30グラムで、パッケージには耳かけ式イヤホンのようなイヤーフックと、本体を腕に巻き付けて固定できるアームバンドケースが付属しており、ヘルメットやゴーグルなどを身につけない状況でも利用できる。水深1.5メートルで30分の利用が行える防水性能と、IPX5相当の防じん性能といったタフネス性能を備えており、スポーツ時の利用にも対応する。

 MP4形式で録画される映像はもちろんフルハイビジョン録画対応で、録画モードは1920×1080ピクセル/60p/28Mbpsのほか、1280×720/60p/15Mbps、848×480/30p/4.5Mbpsなども選択可能。電子式手ブレ補正や傾き補正の機能も用意する。搭載する撮像素子は1/4.1型 裏面照射式MOSセンサーで、総画素数は332万画素。撮影画角は104度/117度/160度を切り替えられる。

 Wi-Fiによるスマートフォン連係機能も搭載しており、アプリ「ImageApps」を利用すれば本製品のリモコン操作、録画しながらのUstream配信、各種SNSへのアップロードなどを行える。Ustream配信やSNSアップロードについては、本製品から直接の実行も可能だ。操作部を兼ねる本体のサイズは59.5(幅)×94(高さ)×25(奥行き)ミリ/約117グラムで、記録メディアはmicroSDカード。フルハイビジョン撮影時で約140分の撮影が可能となっている。

 別売オプションとして、ヘルメットやゴーグルなどへ本製品を取り付けるマルチマウント「MKA100」(3150円)が同日より販売開始されるほか、三脚取り付け用マウント、ハンドルバーアダプター、吸盤の用意されたサクションカップマウントなどが後日販売される予定となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.