レビュー
» 2013年03月18日 17時44分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:800万画素でも十分――サクサク撮れて楽しい「INFOBAR A02」のカメラ (1/3)

最近のハイエンドスマホは1000万画素超のカメラを備えるものも増えているが、INFOBAR A02のカメラは800万画素。でも、なかなかいいのである。気持ちよくサクサク撮れるし、写りも安定している。その上、特集効果でいろいろ遊べる。

[荻窪圭,ITmedia]
photo

 「INFOBAR A02」である。INFOBARは特にカメラ機能がウリのモデルってわけじゃないし、最近のハイエンド機で流行ってる1000万画素超というわけでもない。画素数的には「HTC J butterfly」や「iPhone 5」と同じく800万画素だ。

 でも、なかなかいいのである。HTC Jのカメラレビューの時も書いたけど、サクサク撮れるのが気持ちいいのだ。スマホのカメラではとても大事なこと。INFOBAR A02はHTC製であり、HTC J butterflyとカメラ機能はほぼ同じということで、butterflyのカメラレビューをしてなかったこともあり、ここであれこれいぢってみるのだ。


photophoto 背面に搭載されているカメラとフォトライト

相変わらずサクサク撮れて楽しいカメラ

 相変わらず起動は高速。ロック画面でカメラアイコンをスライドさせて起動するのだが、カメラ画面のままスリープに入って間がないときは(撮りながら散歩してるときなんかよくある)、ロック画面を省略してすぐカメラが起動する。

photophoto カメラアイコンをタップして中央にドラッグするとカメラが起動する

 ロック画面から起動+AF(オートフォーカス)+撮影を適当に実測してみたら、1秒半くらい。これは速い。

 カメラ画面は相変わらずシンプルで、静止画と動画のシャッターが並んでて切り替えることなく好きな方を撮れるのは素晴らしい。

 ではさくっと撮ってみる。いつもの象の滑り台といつものあずまやを。

photophoto

 天気がよかったのもあるけど、いやあ色がしっかり出ております。ディテールもちょっとシャープネスは強めだけど気にならないレベル。

 青空もきれいに撮れる。

photo

 レンズはちょっと広角目で28mm相当くらい。明るさはF2。F2と明るいのであまり感度を上げなくてもたいていまかなえる。ISO感度は100がベース。

 室内でちょっと暗くなるとこんな感じ。ISO342で1/120秒。ある程度まではシャッタースピードを維持してくれるので手ブレしにくくていい。

photo

 関係ないけどこのオムライスは美味かった。さらに夜。どのくらい感度が上がるかなと思ったけど、渋谷の夜は明るいのでISO862で1/30秒。

photo

 顔検出AFや笑顔検出AFも搭載。ちゃんと顔にピントが合って撮ってくれる。顔が多少斜めでも大丈夫だった。

photo

 HTCらしいのは連写機能。連写したいときは、連写モードにするのではなく、撮影ボタンを長押しする。すると押している間だけ連写される。

 最近はiPhoneのように撮影ボタンから指を離した瞬間に撮影するカメラが増えているが、INFOBAR A02でそれをやると連写してしまうわけで戸惑うけど、それをフォローする機能がちゃんと付いていて素晴らしいのだ。連写するたびにがんがん保存されると、後で写真を探すとき似たようなのが並びすぎてうっとうしかったりするのだが、INFOBAR A02だとこんな画面になるのだ。

photo 下にサムネイルが並び、右上に「最高の1枚を選ぶ」と書いてある

 連写した写真全部を保存したいときは、そのまま何もしないで「戻る」ボタンをタップ。1枚だけあればOKなときは、ここで1枚選んで「最高の1枚を保存」をタップする。そうすると、選んだ写真以外は削除されるのだ。これはよい。

photo

 タッチAFが可能なので、撮りたい被写体をタッチすると、そこにピントを合わせてくれる(そのときの音がちょっとメカっぽくて面白い)。

photo

 ピントが後ろに抜けやすいシチュエーションでも、ちゃんと撮ってくれた。

photo

 で、特筆すべきは、タッチした箇所に露出(つまり明るさ)も合わせてくれること。iPhone同様、かなりしっかりそこに合わせてくるので、明るさを調整したいときも使える。

 明暗差が激しい構図でちょいと撮り比べてみた。

photophotophoto 普通に撮るとこんな感じ(写真=左)。郵便マーク下の赤レンガあたりをタッチAFして撮影。空は真っ白にトンだけど、赤レンガの壁は明るく撮れた(写真=中)。逆に空をタッチして撮るとこうなる。実は薄く雲がかかったほんのりと青い空なのであった(写真=右)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.