ニュース
» 2013年03月21日 15時00分 UPDATE

充実機能のエントリー最上位機 キヤノン「EOS Kiss X7i」

キヤノンが、デジタル一眼レフのエントリー「EOS Kiss X」シリーズの最上位機「EOS Kiss X7i」を発売する。

[ITmedia]

 キヤノンは3月21日、デジタル一眼レフカメラ新製品「EOS Kiss X7i」を4月下旬より販売開始すると発表した。

 ボディのみ、新レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」とのレンズキット、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」とのレンズキットが用意されいずれも価格はオープン。実売想定価格はボディのみが9万円前後、18-55mm STMとのレンズキットが10万円前後、18-135mm STMとのレンズキットが13万円前後。

photo 「EOS Kiss X7i」 レンズは「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」

 エントリーモデル「EOS Kiss」シリーズの最上位に位置するモデル。APS-Cサイズ(約22.3×14.9ミリ)有効約1800万画素のCMOSセンサーに、DiGiC 5と9点オールクロスAF。それに撮像素子面に位相差AF用センサーを搭載することでライブビュー撮影および動画撮影に合焦時間の短縮を図る「ハイブリッドCMOS AF」といった主な特徴はX6iより継承しながら、標準キットレンズがSTMレンズとなったことでより動画撮影が利用しやすくなったほか、モードダイヤル項目の見直しなどで操作性を高めた。

photophoto 正面(写真=左)、背面(写真=右)
photo 背面液晶は左ヒンジの3型ワイドタッチパネル液晶

 動画撮影についてはハイブリッドCMOS AFとSTMレンズによって被写体への滑らかなピント合わせを行えるほか、音声はステレオマイクにて録音される。音割れを防止するアッテネーターを搭載しており、64段階(マニュアル設定時)のレベル調整やウィンドカットも行える。設定した秒数(2/4/8秒)だけを録画する「ビデオスナップ」機能では、スナップの順番入れ替えや簡易編集も行える。

 基本的なデザインはX6iをほぼそのまま踏襲するが、塗装を粗めの仕上げとすることで高級感を高めたほか、撮影モードダイヤルは上面を印刷から金属加工処理に、ダイヤル側面をピラミッドパターンとすることで高級感と使用感のいずれも高める工夫が施されている。モードダイヤルには、X6iでは独立していた「夜景ポートレート」や「手持ち夜景」といった撮影モードを「SCN」(スペシャルシーン)として統合している。

photophoto 全体的なデザインはX6iを踏襲するが、上面モードダイヤルは項目の見直しも含めた刷新が行われた

 被写体へトイカメラ風やジオラマ風といった効果を適用する「クリエイティブフィルター」は、ライブビュー画面でリアルタイムに確認可能となった。効果はラフモノクロ、ソフトフォーカス、魚眼風、油彩風、水彩風、トイカメラ風、ジオラマ風の7種類が用意されている。

 新たに用意された標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」はステッピングモーター(STM)の採用によって静かなAFを実現、動画撮影にも適する。既存の「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」と焦点距離は同一だが、最大撮影倍率が0.34倍から0.36倍となったことでより被写体を大きく写すことが可能となっている。また、電子リング方式の採用によって前玉が回転しない構造となっているため、誤って触れた際にもフォーカスが変わらず、また、PLフィルター利用時の利便性も高くなっている。

 背面液晶はバリアングル3型ワイド/104万画素のタッチパネル液晶。撮影設定時には画面タッチで操作を行えるほか、ライブビュー時には画面の任意点へ指で触れることでその部分にピントを合わせるタッチAF/タッチシャッターも搭載する。本体サイズは133.1(幅)×99.8(高さ)×78.8(奥行き)ミリ、約525グラム(本体のみ)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.