ニュース
» 2013年03月21日 17時00分 UPDATE

写真で見る、世界最小最軽量デジタル一眼レフ「EOS Kiss X7」

APS-Cサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラとして、「世界最小最軽量」(同社)を実現したキヤノン「EOS Kiss X7」を写真で紹介する。

[ITmedia]

 キヤノンが4月下旬より販売開始する「EOS Kiss X7」は、定評あるデジタル一眼レフのエントリーシリーズ「EOS Kiss」シリーズの最新製品であり、APS-Cサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラとしては「世界最小最軽量」(同社)という小型軽量ボディを実現している。この新製品を写真で紹介する。なお、撮影した機材は試作機であることをご了承頂きたい。

photo 「EOS Kiss X7」(レンズは「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」)

 ミラーを内蔵するデジタル一眼レフながら、CMOSパッケージやメイン基板、シャッターユニットの小型化、小型バッテリー「LP-E12」の採用などによって、ペンタ部を含めた基本的なデザインは歴代の「EOS Kiss X」を踏襲しながら、そのまま小型化したようなデザインとなっている。

photo 交換レンズ「EF50mm F1.8 II」との組み合わせ例

 本体サイズは約116.8(幅)×90.7(高さ)×69.4(奥行き)ミリ、約370グラム(本体のみ、バッテリー及びメモリカード装着時は約407グラム)。既存Kiss Xシリーズに比べると一回り小さく、そのボディ幅はiPhone 4Sの高さ(115.2ミリ)と非常に近い。小さくともグリップは十分な大きさが確保されており、グリップ時に不安を感じることはない。

photophoto スマートフォン(iPhone 4S)とのサイズ比較。X7の横幅とiPhone 4Sの高さはほぼ同じ
photophoto 背面液晶がX7と同じ固定式の「EOS Kiss X4」と並べて。マウントは同一のEFマウントだが、ほぼ一回り小さくなっていることが分かる

 全体的に既存シリーズ製品よりも小型化されているが、ボタン類など操作インタフェースに大きな変更は行われていない。背面の背面十時キーを小型化、「Q」ボタンは十時キー中央の「SET」と統合することで、撮影時に右手親指をかけるラバーの面積を確保している。

 使用するバッテリーは「EOS M」と同一の小型バッテリー「LP-E12」。小型ながら撮影可能枚数はファインダー撮影時で約380枚(常温、CIPA基準)を確保している。ちなみに同時発表された「EOS Kiss X7」はバッテリーに、既存EOS Kiss X6iなどと同じ「LP-E8」を採用しており、約440枚(常温、CIPA基準)の撮影が可能となっている。

photophoto 正面(写真=左)、背面(写真=右)
photophoto 操作ボタン類はほぼ既存モデルを踏襲する。ボディが小さくなったためか撮影モードダイヤルが大きく感じられる
photophoto バッテリーはEOS Mと同じ「LP-E12」(写真=左)。標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」が大きく見える

 メニュー画面も既存EOS Kiss Xシリーズをほぼ踏襲しており、画面上部のタブで項目、十時キーの上下で詳細の項目を選んで設定する。X6iにて搭載された、撮像面に位相差AFセンサーを搭載した「ハイブリッドCMOS AF」は「ハイブリッドCMOS AF II」へと進化しており、ライブビュー表示範囲の縦横80%まで、像面位相差AF可能なエリアが拡大している。

photophoto メニュー画面(写真=左)、像面位相差AF可能なエリアがライブビュー表示範囲の縦横80%まで拡大されている(写真=右)

 詳細については、追って製品レビューにて紹介する。

photo 同時発表の兄弟機「EOS Kiss X7i」と並べて。いずれもレンズはキットレンズとして設定されている「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.