ニュース
» 2013年03月21日 15時00分 UPDATE

ステッピングモーター搭載、動画にも適した標準ズーム「「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」

キヤノンはステッピングモーターを搭載することで静止画はもちろん、動画を快適に撮影できるよう配慮した交換レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を4月下旬より販売開始する。

[ITmedia]

 キヤノンは3月21日、交換レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」を4月下旬より販売開始すると発表した。価格は3万6000円。

photo 「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」

 新製品は「EOS Kiss X7」「EOS Kiss X7i」のキットレンズとしても採用されている、APS-Cサイズセンサー搭載機専用の標準ズームレンズ。ステッピングモーターを搭載することで静止画はもちろん、動画を快適に撮影できるよう配慮されている。

 「IS」の文字が示すように手ブレ補正機構を搭載しており、効果はシャッタースピード換算4段分(同社測定基準)。既存「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」と焦点距離は同一だが、最大撮影倍率が0.34倍から0.36倍となったことでより被写体を大きく写すことが可能となっている。また、前玉が回転しない構造となっているため、誤って触れた際にもフォーカスが変わらない。

 レンズ構成は非球面レンズ1枚を含む11群13枚構成で、絞り羽根枚数は7枚。最短撮影距離は0.25メートル。サイズは69(最大径)×75.2(全長)ミリ、約250グラム。フィルター径は58ミリ。

関連キーワード

キヤノン | EOS | 交換レンズ | 標準ズーム | APS-C


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう