レビュー
» 2013年03月22日 00時05分 UPDATE

画質とスピードを高めたレトロデザインの高級コンパクト――富士フイルム「X100S」 (1/3)

愛好家層に人気の高級コンパクト「FUJIFILM X100」がモデルチェンジを行い、「FUJIFILM X100S」として登場した。新しい撮像素子とエンジンの性能はどうなのか。実写レビューをお伝えしよう。

[永山昌克,ITmedia]

レンズ性能をフルに引き出す新センサー

 富士フイルム「FUJIFILM X100S」は、2011年に発売された「FUJIFILM X100」(レビュー)の後継となる高級コンパクトデジカメだ。フィルム時代のレンジファインダーカメラを彷彿とさせるクラシカルなデザインを受け継ぎつつ、撮像素子と処理エンジンをリファインしている。

photo 富士フイルム「FUJIFILM X100S」

 いちばんの注目は、同社のミラーレスカメラ「X-Pro1」や「X-E1」で培ったX-Trans CMOS技術を採用したこと。撮像素子内にあるカラーフィルターに独自の配列を取り入れることで、モアレや偽色の発生を抑える技術だ。これによって一般的なデジカメでは欠かせないローパスフィルターを省き、レンズの光学性能を最大限に引き出せるようになっている。

 加えて、新技術として点像復元処理を搭載した。これは絞りを絞りすぎた際に生じる回折現象による画像のボケを目立たなくする技術だ。レンズごとに回折の情報を分析し、独自の信号処理によってボケた点像を元通りの点の形に再現するという。

 レンズについては、従来機X100と同じく35ミリ換算で35ミリ相当の焦点距離を持つフジノン単焦点レンズを装備する。風景や人物、スナップなど幅広い用途に使いやすい焦点距離だ。開放値はF2と明るい。手ブレ補正に非対応なのは残念だが、レンズの開放値が明るいので薄暗いシーンでも比較的速いシャッター速度が利用できる。

photo 開放値F2のフジノン単焦点レンズを搭載。オプションとしてレンズフードやワイコンが用意される
photo ホットシューには外部フラッシュや外部マイクを装着できる。その横には「FUJINON LENS SYSTEM」のロゴが刻印されている。

 撮像素子には、APS-Cサイズの1630万画素「X-Trans CMOS II」を搭載。実写では、被写体のディテールまでをくっきりと描写する解像感の高さを確認できた。開放値の画質は良好だが、F4以上に絞り込むと画面四隅までのシャープネスがいっそう際立つ。高感度性能も優秀でISO1600くらいまではノイズがほとんど気にならず、ISO3200や6400でさえ実用的といえる。

photo レンズキャップは着脱式のものが付属する。ボディカラーは、今のところシルバーモデルのみとなる
photophotophoto
photophotophoto
photophotophoto ISO感度別の作例。左上から順にISO100/200/400/800/1600/3200/6400/12800/25600で撮影。絞り優先AE(F11) 露出補正:-0.6 WB:色温度
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.