ニュース
» 2013年04月04日 15時42分 UPDATE

「CINEMA EOS」カメラ5機種に新ファーム提供

キヤノンは「CINEMA EOS SYSTEM」のカメラ「EOS C500/EOS C500 PL」「EOS C300/EOS C300 PL」「EOS C100」について、新ファームウェア並びにソフトウェアを6月より提供する。

[ITmedia]

 キヤノンは4月4日、プロ向け映像製作用レンズやカメラで構成される新システム「CINEMA EOS SYSTEM」のカメラ5機種「EOS C500/EOS C500 PL」「EOS C300/EOS C300 PL」「EOS C100」について、新ファームウェア並びにソフトウェアを6月より提供すると発表した。

photophoto 「EOS C500/EOS C500 PL」(写真=左)、「EOS C300/EOS C300 PL」(写真=右)
photo EOS C100

 提供される新ファームによって、画面拡大表示位置の自由な移動が可能になるほか、C300についてはC100と同様のアイリス/ピント合わせ調整機能「PUSH AUTO IRIS」と「ONE-SHOT AF」が追加される。また、C300/C300 PLにおいては地上デジタルテレビで用いられる、1440×1080の録画モードが追加される。

 RAWデータ現像アプリ「Cinema RAW Development」はバージョンアップによって、カラーマネージメント規格「ACES」に対応する予定となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう