レビュー
» 2013年04月05日 14時41分 UPDATE

1200ミリの世界を手軽に楽しめる超高倍率ズーム機 ソニー「DSC-HX300」 (1/3)

光学ズームの高倍率化は凄まじい勢いで進んでおり、一眼レフっぽいデザインのいわゆるブリッジタイプの「DSC-HX300」では光学50倍 24〜1200ミリ相当にまで到達している。手ブレ補正も強化されており、1200ミリの世界を手軽に楽しめる。

[佐藤眞宏,ITmedia]

 “スマホにないメリットを伸ばそう”と、コンパクトデジカメ(レンズ一体型デジカメ)のズーム倍率アップが進んでいる。一般的な売れ筋製品ですら20倍前後は当たり前になり(最新「20倍ズームコンデジ」は手持ちでもブレずに撮れるか? 5モデル検証)、一眼レフっぽいデザインのいわゆるブリッジタイプでは、50倍のズーム倍率を実現するモデルも登場している。

 今回取り上げるソニーのサイバーショット「DSC-HX300」もそんな超高倍率ブリッジカメラに属する製品で、レンズは35ミリ換算24〜1200ミリ相当 光学50倍のカールツァイス 「バリオ・ゾナーT*」を搭載する。前モデル「DSC-HX200V」は27〜810ミリ相当の30倍ズームだったので、大幅な倍率アップだ。

photo 「DSC-HX300」

 コロンとした丸みを帯びた外観はHX200Vをほぼ踏襲したデザインといえるが、上面のボタン形状が一部変更されていたり、再生ボタンの位置が変更されていたりと細かな変更が加えられている。背面のチルト式液晶(3型/92万画素)も継続しての搭載となる。なお、HX200Vとは異なりGPSは搭載しない。

photophoto
photophoto ワイド/テレの状態。上部には35ミリ換算の焦点距離が印刷されている

 サイズは129.6(幅)×93.2(高さ)×103.2(幅)ミリ、約650グラム(バッテリー、メモリースティックデュオ含む)なので、レンズの飛び出しを除けば、レンズを装着しない状態のエントリークラスのデジタル一眼レフに近い(キヤノン「EOS Kiss X6i」のボディのみのサイズが133.1×99.8×78.8ミリ/約575グラム)。HX300はグリップも深めの形状となっており、実際に手にしても、その感覚は軽い一眼レフを持ったときのそれに類似している。

 で、やはり気になるのは「1200ミリ相当が常用できる」かどうかだろう。まずは手持ちで撮影したワイド端/テレ端の例を。

photophoto 左が24ミリ相当のワイド端、右が1200ミリ相当のテレ端

 1200ミリ相当まであると、肉眼では確認できていなかった遠方のものを写真に収めることができる。まるで望遠鏡を使ってるような感覚だ。

 ズーム操作はシャッターボタンと一体化しているズームレバーで行うほか、鏡胴リングからも操作できる(スライドスイッチでピント/ズームの機能を切り替えられる)。ズームレバーの操作も便利なのだが、微妙な倍率調整はやはり鏡胴リングから行う方が楽に感じる。併用も可能なので、大まかな倍率変更はズームレバーで、微細な調整をリングで行うのがいい。

 HX300では手ブレ補正機構として、レンズ群のうち前方の大きなレンズ群を含む2群を動作させる「2群防振手ブレ補正」を搭載しており、HX200V比では約2.7倍のエリアを補正する。ただ、既存モデルよりも効果が上がっているとはいえテレ端では1200ミリ相当。超高倍率域ではきちんと両手でカメラを構えて、脇を締めていないと手ブレ写真を招くことになる。

 この手ブレ補正は常時有効となっているので、カメラを構えてファインダー/背面液晶をのぞき込んでいる際も像がグラグラせず、ストレスなく撮影できるのは評価したいポイントだ。ファインダーは20万画素相当の電子式で、アイセンサーは搭載しておらず、背面液晶/ファインダーの切り替えは手動となる。そのためにファインダーで撮影したあとの確認を背面液晶で行うにはボタン操作が必要となり、ちょっと面倒に感じる。

 天候や場所といった撮影条件にも左右されるが、「通常撮影で最速約0.15秒、光学50倍ズーム時でも約0.22秒」をうたうAFは実際の利用においても十分に高速。ただし、ISO感度がオートの状態ではあまり積極的に上げない傾向があるようで、夕方や夜間など光量が十分ではない状態で動くものを撮ろうとするとシャッタースピードが遅くて被写体ブレを起こすということもあった。被写体や状況に応じて、撮影モードの変更やISO感度のアップなど、細かな撮影設定の変更を行う方が良さそうである。

photophoto 左が24ミリ相当のワイド端、右が1200ミリ相当のテレ端。いずれも手持ちにて撮影

 1200ミリ相当というだけでも強烈だが、超解像技術を用いたデジタルズームも用意されている。利用することで画質の低下は認められるが、100倍相当(2400ミリ相当)までのズームも行える。ただ、その際にはさらに手ブレおよび被写体ブレに注意する必要が増すので、三脚の利用は欠かせない。それに対象が野鳥など動くものであればフレームに入れ続けることも困難となる。使いどころは限られそうな感じである。

photophoto 左が1200ミリ相当の光学50倍ズーム。右が超解像を用いたデジタルズームによる2400ミリ相当
iconicon
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.