ニュース
» 2013年04月10日 19時31分 UPDATE

屋外でも見やすい、低反射高輝度液晶のタフネスコンパクト「FinePix XP200」

富士フイルムがタフネス性能を備えたコンパクトデジカメ「FinePix XP200」を発売する。背面液晶は低反射高輝度型で屋外での利用に適する。

[ITmedia]

 富士フイルムは4月10日、タフネス性能を備えたコンパクトデジタルカメラ「FinePix XP200」を4月27日より販売開始すると発表した。価格はオープンで直販サイト「フジフイルムモール」での販売価格は2万9800円。

photophotophoto 「FinePix XP200」

 「防水」「耐衝撃」「耐寒」「防じん」と4つのタフネス性能を備えたモデル。水深15 メートルの防水性能、高さ2メートルからの落下に耐える対衝撃性能、マイナス10度までの環境に耐える「耐低温性能」、砂やほこりの侵入に耐える「防じん性能」を備えている。また、背面の液晶(3型/92万画素)は低反射高輝度型で屋外での利用に適するほか、自動輝度調整機能も備えている。

photo

 Wi-Fiによるスマートフォン転送機能も搭載しており、スマホアプリ「FUJIFILM Camera Application」を利用すればIDとパスワードの設定なしに最大で30枚の静止画をワイヤレスにて転送できる。動画も転送可能で、ルータ経由にてパソコンへの画像保存も行える。

 撮像素子は1/2.3型 有効1640万画素 CMOSセンサーで、レンズには35ミリ換算28〜140ミリ相当の光学5倍ズームレンズを組み合わせる。ボディ背面には「連写モード」ボタンが用意されており、最速で10コマ/秒の連写を楽しめる。撮影機能としては7種類の効果を備えたデジタルフィルター「アドバンストフィルター」やHDR、360度パノラマなども用意されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.