ニュース
» 2013年04月11日 14時00分 UPDATE

「EOS M」に“旅”がテーマのスペシャルカラーモデル「ベイブルー」

キヤノンはミラーレスカメラ「EOS M」のスペシャルモデルとして、コミュニケーションディレクターの森本千絵氏が「旅」をテーマにカラーデザインを行った「ベイブルー」を発売する。

[ITmedia]

 キヤノンは4月11日、ミラーレスカメラ「EOS M」のスペシャルカラーモデル「ベイブルー」を4月25日より販売開始すると発表した。「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と「EF-M22mm F2 STM」の2本が付属するダブルレンズキットのみで、価格はオープン。

photo 「EOS M」“ベイブルー”

 新色はEOS Mのプロモーション広告などを手がけるコミュニケーションディレクターの森本千絵氏が「旅」をテーマにカラーデザインを行ったもので、青は海、茶色は大地を表現している。ベイブルー(bay blue)という名称は「青(ただの青ではない、神秘的な変わり続ける色)を求める旅のはじまり」をイメージして付けられたという。

photophoto

 本製品のプロモーションとして、「VULCANIZE」各店や代官山ツタヤ書店の店内に森本千絵氏のアートワークと本製品をあわせて展示、コンセプトである「旅」を表現した特別な空間を演出する。

関連キーワード

EOS M | キヤノン | ミラーレス一眼 | 新色


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう