ニュース
» 2013年04月11日 18時30分 UPDATE

「AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR」の発売が延期

製品発表時、4月の発売がアナウンスされていた「AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR」が5月の発売となった。

[ITmedia]

 ニコンは4月11日、4月からの販売を予定していた超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR」の発売を5月31日に延期すると発表した。

 対応アクセサリとして用意されるレンズフード「HK-38」、ならびにトランクケース「CT-801」、超望遠レンズ用ストラップ「LN-2」も同様に5月31日よりの販売となる。

photo 「AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR」

 AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VRはAF NIKKOR最長焦点距離となる、超望遠単焦点レンズ。シャッタースピード4段分の手ブレ補正機構も搭載するほか、付属の専用テレコン「AF-S TELECONVERTER TC800-1.25E ED」を併用することでFXフォーマットカメラでの利用時に1000ミリ相当、DXフォーマットカメラでの利用時には35ミリ換算1500ミリ相当の焦点距離を実現する。価格は212万1000円。

関連キーワード

NIKKORレンズ | ニコン | 交換レンズ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう