ニュース
» 2013年04月17日 21時57分 UPDATE

Xマウント向け望遠ズーム「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」を5月25日に発売

富士フイルムが、Xマウントを採用した望遠ズームレンズ「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」を5月25日から販売すると発表した。合わせてXマウントレンズの最新ロードマップも公開した。

[ITmedia]
Photo XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

 富士フイルムが4月17日、レンズ交換式デジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro1」と「FUJIFILM X-E1」で利用可能な、Xマウントを採用する交換レンズ「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」を5月25日に発売すると発表した。価格はオープンで、実売予想価格は7万円前後になる。

 XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISは、35ミリフィルム換算で広角端84mm、望遠端305mmの焦点距離をカバーする、望遠ズームレンズ。開放F値はF3.5-4.8、最小絞りはF22。7枚羽根の円形絞りを採用している。シャッター速度で4.5段分の手ブレ軽減効果を発揮する手ブレ補正機能も搭載した。ピント合わせにはリニアモーター2機を使用しており、最速0.28秒でのAFを実現している。最短撮影距離はズーム全域で1.1メートル。レンズ鏡胴には、3分の1EVステップの絞りリングも備える。

 レンズの直径は75ミリ、広角端で長さ約118ミリ、望遠端で長さ約177ミリ。重さは580グラム。フィルター径は62mm。

PhotoPhoto

 なお富士フイルムではXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISの発売に合わせて、FUJIFILM X-Pro1とFUJIMILM X-E1の新ファームウェアをリリースする。このファームウェアでは、ズーム全域および撮影距離範囲全域でAF時のピント位置検出をより高速化する新アルゴリズムを備え、XF55-200mmとの組み合わせでなら、望遠端で撮影距離範囲全域をピント位置検出した場合でも、最速0.7秒でピントを合わせられる。その他のフジノンXFレンズでもAFの速度を高速化するファームウェアを7月以降に公開予定だ。

 また、XF55-200mmの正式発表に合わせ、X マウントレンズのロードマップが更新された。「XF27mmF2.8」の発売時期が2013年の第3四半期、「XF23mmF1.5 R」と「XF10-24mmF4 R OIS」の発売時期が2013年の第4四半期であることが明らかになった。「XF56mmF1.2 R」は、2014年1月になる見込みだ。

Photo ※最終的な製品外観とは異なる。ロードマップは、2013年4月17日時点のもの。製品の仕様は変更となる場合がある。括弧内の焦点距離は35mm判換算の数値

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう