ニュース
» 2013年04月19日 00時00分 UPDATE

シグマ、世界初の全域F1.8ズーム「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM」

シグマがズーム全域で開放F値1.8を「世界で初めて」(同社)実現した大口径標準ズームレンズ「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM」を開発した。

[ITmedia]

 シグマは4月18日、大口径標準ズームレンズ「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM」の開発発表を行った。発売日価格ともに未定。

 ズーム全域で開放F値1.8を「世界で初めて」(同社)実現した大口径標準ズームレンズ。APS-Cサイズセンサー搭載機専用となっており、装着時の画角は35ミリ換算27〜52.5ミリ相当となる。

photo 「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM」 パッケージにはケースと花形フード「LH780-06」が付属する

 フォーカス/ズーミング時に全長の変化がないインナーフォーカス/インナーズーム方式を採用するほか、前玉が回転しないために円偏光フィルターの使用も容易だ。最短撮影距離は全域28センチ(最大撮影倍率は1:4.3)で、AF駆動には超音波モーター(HSM)を搭載、加えて、AFアルゴリズムの改良によって、よりスムーズなAFを実現した。AFの後にフォーカスリングでピントの微調整も行える。

 「Art」シリーズに属する製品で、別売「USB DOCK」を利用すればパソコンからのによるファームウェアアップデートや合焦位置の微調整が行える。サイズは78(最大径)×121(全長)ミリ、810グラム(以上数値はすべてシグマ用)。

photo

関連キーワード

SIGMA | 標準ズーム | APS-C | 発売日


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう