ニュース
» 2013年04月19日 00時18分 UPDATE

370グラム“世界最小最軽量”デジタル一眼レフ「EOS Kiss X7」発売日決定、発売記念キャンペーンも

キヤノンがAPS-Cサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラとして、「世界最小最軽量」(同社)を実現した「EOS Kiss X7」の発売日を決定した。

[ITmedia]

 キヤノンは4月18日、APS-Cサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラとして、「世界最小最軽量」(同社)を実現した「EOS Kiss X7」の発売日を4月24日と発表した。

photo 「EOS Kiss X7」(レンズは「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」)

 ボディのみ、新レンズ「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」とのレンズキット、「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」も組み合わせたダブルズームキットのいずれも4月24日より販売開始される。価格はオープン。実売想定価格はボディのみが8万円前後、レンズキットが9万円前後、ダブルズームキットが12万円前後。

 新製品はミラーを内蔵するデジタル一眼レフながら、各種パーツの小型化、小型バッテリー「LP-E12」の採用などによって、基本的なデザインは歴代「EOS Kiss X」を踏襲しながら、そのまま小型化したようなデザインとなっている。サイズは約116.8(幅)×90.7(高さ)×69.4(奥行き)ミリ、約370グラム(本体のみ、バッテリー及びメモリカード装着時は約407グラム)。

 なお、4月18日からは赤ちゃんたちが大人顔負けのスーパープレイを繰り出すTVCM「チャンスにKiss」が放映されるほか、発売日の4月24日からは、対象製品購入者へ、EOS Kiss X7を携帯するためのカメラバッグ、撮影テクニックを紹介するガイドブック、会員用サイトの半年間利用チケットがセットされた「スマイルフォトBOX 2013」をプレゼントするキャンペーンも実施される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.