ニュース
» 2013年04月25日 13時00分 UPDATE

“アクションカム”「HDR-AS15」が1080/60p録画可能に

ソニーがアクションカム「HDR-AS15」に新ファームウェアを提供する。1920×1080/60pの撮影が可能になるほか、動作音の設定も細かく行える。

[ITmedia]

 ソニーは4月25日、アクションカム「HDR-AS15」の新ファームウェアを提供すると発表した。

 新ファームウェアを適用することで、1920×1080/60pの録画モードが追加されるほか、水中撮影に適した画質モードも追加される。また、操作音設定にも、ON(すべての効果音をON)/サイレント(起動音、撮影開始音、撮影終了音、シャッター音、無効音/エラー音のみ有効)/OFF(すべての動作音を無効にする)の選択が行えるようになる。

photophoto 「HDR-AS15」

 HDR-AS15は自転車やスキーなどといったスポーツシーンの際に身につけて、迫力ある映像を録画する、いわゆるウェアラブルカメラやスポーツカムなどと呼ばれる製品。録画形式はMP4で、1920×1080ピクセルのフルHD以外にも、1280×720ピクセル、640×480ピクセルを選択できる。

iconicon

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう