レビュー
» 2013年04月26日 17時00分 UPDATE

写真も動画もスキのない常用カメラ 「PowerShot SX280 HS」 (1/4)

動画に強い高倍率ズームコンパクト「PowerShot SX280 HS」が登場した。「動画コンパクト」というフレーズで動画機能を強調しているが、動画撮影のみならず、さまざまなシーンで快適に使える便利なカメラだ。

[小山安博,ITmedia]

強力な手ブレ補正やDIGIC 6で進化した高倍率ズーム機

 キヤノン「PowerShot SX280 HS」は画像処理を行う映像エンジンに、新開発の「DIGIC 6」を搭載し、特に動画撮影に関する能力を大きく向上させている。DIGIC 6は動画撮影以外にもAF速度や画質など、多岐にわたる恩恵をもたらしているが、まずは基本的なスペックを確認しておこう。

photo 「PowerShot SX280 HS」

 レンズは35ミリ換算25〜500ミリの光学20倍ズームレンズを搭載。両面非球面レンズ2枚、UDレンズ1枚を含む10群12枚構成で、開放F値はF3.5〜F6.8。コンパクトながら高倍率であり、ワイド側も25ミリ相当からのスタートと広角よりで、どんなシーンにも使えるレンズといえる。ただ、高倍率ズーム機としては一般的ながら、ワイド端の明るさがさほどではないのが少し残念か。

photophoto コンパクトながら高倍率ズームを搭載。テレ端までズームすると鏡胴はここまで伸びる

 撮像素子は有効約1210万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー。前述の通り高速な処理を行えるDIGIC 6の搭載もあってAF速度が向上しており、ワイド端はAFが0.13秒、シャッタータイムラグで0.15秒となり、前機種「PowerShot SX260 HS」に比べて50%以上の高速化を達成しているようだ。ズーム速度を始め、動作が速いので、シャッターチャンスを逃しにくい。

 手ブレに対しても強化が行われている。SX260 HSでも水平回転/縦回転/上下/左右の4軸へ光学式の手ブレ補正を行っていたが、新製品ではさきほどの4軸(光学式で補正する水平回転/縦回転/上下/左右軸)補正に加えて、水平移動/水平回転ゆがみ/縦回転ゆがみの3つを電子式補正する5軸手ブレ補正となっている。

 画質面については、DiGiC 6によってノイズ除去性能が強化され、ディテールの再現性も向上したほか、ダイナミックレンジも拡大したとされている。実際、センサーの画素数も有効約1210万画素と抑えめのためか、同サイズセンサー搭載機の中では良好といえる。ただ、裏面照射型センサーらしいざわつく感じのノイズは残っているように感じられ、ノイズ除去よりもディテールを残す方を優先しているのかもしれない。ただ、その分ISO感度を上げても極端にノイズが増えず、シーン次第ではISO1600ぐらいまでは活用できそうだ。

photophoto 本体上部。後述するGPSはこの位置にある。電源ボタンは大きく押しやすい上に、少し凹んでいるため、誤操作が少ない(写真=左)、モードダイヤルは出っ張りが大きく操作しやすい(写真=右)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.