ニュース
» 2013年05月07日 18時31分 UPDATE

「FUJIFILM X100S」にAF精度向上の最新ファームウェア

富士フイルムはデジタルカメラ「FUJIFILM X100S」の最新ファームウェア「1.02」を提供開始した。

[ITmedia]

 富士フイルムはデジタルカメラ「FUJIFILM X100S」の最新ファームウェア「1.02」を提供開始した。

 適用することでAF合焦精度が向上するほか、ISO1600以上でOVFのブライトフレームの明るさが周囲に応じて変わらない現象が修正される。

photo 「FUJIFILM X100S」

 「FUJIFILM X100S」は、2011年に発売された「FUJIFILM X100」の後継製品。外観こそはクラシカルなレンジファインダーカメラのような外観を継承するが、撮像素子をローパスレスの「X-Trans CMOS」としたほか、回折現象による画像のボケを目立たなくする「点像復元」などの最新技術を搭載している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう