ニュース
» 2013年05月07日 19時38分 UPDATE

「EOS 5D MarkIII」新ファームウェア提供開始

エクステンダー利用時のF8クロス測距やHDMIからの非圧縮映像出力などが可能となる、「EOS 5D MarkIII」新ファームウェアが提供開始された。

[ITmedia]

 キヤノンは投入を告知していた「EOS 5D Mark III」用最新ファームウェア(Ver 1.2.1)を4月30日に提供開始した。

photo 「EOS 5D Mark III」

 エクステンダーを装着して開放F8となるレンズでも中央測距点でのクロス測距が可能となるほか(適用前はF5.6まで)、HDMIからの非圧縮映像出力、ストロボからのAF補助光が投光された際のAFスピード向上、Eye-Fiカード使用時挙動安定化など、多くの機能向上と修正が含まれている。

関連キーワード

EOS | キヤノン | ファームウェア | HDMI | レンズ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.