ニュース
» 2013年05月14日 14時00分 UPDATE

F2.0高倍率ズームにEVF、ポケットに収まる高級コンパクト“LUMIX”「DMC-LF1」

パナソニックがF2.0からの光学7.1倍ズームとEVFを搭載し、ポケットに収まるファインダー搭載高級コンパクトデジカメ“LUMIX”「DMC-LF1」を発売する。

[ITmedia]

 パナソニックはF2.0からの光学7.1倍ズームとEVFを搭載した高級コンパクトデジカメ“LUMIX”「DMC-LF1」を6月20日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は5万円前後。

photo 「DMC-LF1」

 新製品は“ポケットに収まる、ファインダー搭載高級コンパクトデジカメ”をコンセプトとしており、「DMC-LX7」を最新作とするLXシリーズよりも小型軽量に仕上げられている。ボディは約102.5(幅)×62.1(高さ)×27.9(奥行き)ミリ、約192グラム(バッテリー、メモリカード含む)と小型軽量ながら、35ミリ換算28〜200ミリの光学7.1倍ズームレンズ(F2.0-5.9)と電子ビューファインダーを搭載した。

 レンズは多段虹彩絞りを採用しておりワイド端ではF2.0-F8.0、テレ端ではF5.9-F8.0の間で設定を行える。超解像iAズームを併用すれば14.3倍までズーム倍率を引き上げることも可能だ。電子ビューファインダーは0.2型/約20万画素相当で視野率は100%。視度調整も施せる。

photophoto
photophoto

 撮像素子は1/1.7型 有効1210万画素の高感度MOSセンサー。画像処理エンジンにはヴィーナスエンジンを組み合わせており、高感度撮影時における低域ノイズ除去を行う「新2次元NR」やRAWデータ時点からノイズを抑制する「マルチプロセスNR」、階調表現を滑らかにする「Edge Smoothing NR」など強力なノイズ除去を備えている。最高ISO感度はISO12800相当で、オート撮影時にはISO80〜ISO6400となる。

 背面液晶は3型/92万画素でタッチパネルは非搭載だが、鏡胴付け根のリングが操作インタフェース「コントロールリング」となっており、撮影モードに応じて各種パラメータを瞬時に変更可能なほか、任意の機能を割り当てることもできる。同社製品に多く搭載されている「Q.MENU」ボタンも用意されており、ホワイトバランスやISO感度など撮影設定をこちらのボタンから一時的に変更できる。

 撮影アシスト機能として、新たに「構図ガイド」を搭載した。黄金分割や対角線、放射線など8種類の構図ガイドをオーバーレイ表示させることが可能で、利用することで基本的な写真構図を学びながらの撮影を楽しめる。撮影機能としては15種類のフィルター効果(クリエイティブコントロール/レタッチ)も用意しており、13種類はパノラマ撮影時にも適用できる。

 Wi-Fiを内蔵しておりアプリ「Panasonic Image App」をインストールしたスマートフォンやタブレットへ撮影画像をワイヤレス送信できるほか、NFCにも対応しており、NFC対応のAndroidスマートフォン/タブレットならばタッチ操作で初期設定や接続を行える。スマートフォン/タブレットをリモコンとして利用することも可能だ。スマートフォン/タブレットをリモコンとする際には、タッチAF/タッチシャッターも利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.