ニュース
» 2013年05月16日 12時05分 UPDATE

JVCケンウッド、時間を操る36Mbps対応ビデオカメラ「GC-P100」

JVCケンウッドがハイアマチュア向けのデジタルビデオカメラ「GC-P100」を発売する。36Mbpsの高ビットレート記録に対応するほか、スローモーション、タイムラプス、ハイスピードなど特殊撮影機能も充実させた。

[ITmedia]

 JVCケンウッドは5月16日、ハイアマチュア向けのデジタルビデオカメラ「GC-P100」を5月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は13万円前後。

photo 「GC-P100」

 撮影を楽しむ層にむけて操作性を重視したフォルムのボディに、高い処理能力を持つ画像処理エンジン「FALCONBRID」を搭載。1920×1080/60pのフルハイビジョンプログレッシブ撮影を可能としたほか、 最大ビットレートは約36Mbpsと高精細な記録を楽しめる。

 ユニークな形状のボディには1/2.3型 総画素1276万画素 裏面照射型CMOSセンサーと、開放F値F1.2の光学10倍「F1.2 JVC HD GT」レンズを搭載。35ミリ換算時の動画撮影焦点距離は29.5〜476ミリ相当(手ブレOFF、ダイナミックズームON)となる。

 背面の3型液晶(46万画素)はチルト式となっておりハイ/ローアングルでの撮影も容易なほか、0.24型/26万画素の着脱式EVFも標準で付属する。ボディの各所にはダイヤルを設けることで撮影設定を瞬時に変更でき、手持ち/三脚いずれの撮影スタイルにも対応するようバランスも配慮されている。

 撮影モードとしては絞り/シャッタースピード優先のマニュアルモードはもちろん、シーン認識機能を有するオートモードや15種類のシーンモード、特殊な機能としてはタイムラプスやスローモーション、最高600fpsのハイスピード撮影機能も備えている。

 高速な処理エンジンを搭載することから、60枚/秒(3Mサイズ)の静止画連写を行え、また、プログレッシブ動画から2M相当の静止画を最短1/30秒ごとに最大9枚切り出すこともできる。本体サイズは110(幅)×76(高さ)×183(奥行き)ミリ、約575グラム(付属バッテリー装着時)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.