ニュース
» 2013年05月29日 17時52分 UPDATE

「EOS-1Ds Mark III」「EOS-1D Mark IV」「EOS-1D Mark III」に最新ファームウェア

キヤノンはデジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark III」「EOS-1D Mark IV」「EOS-1D Mark III」の最新ファームウェアを提供開始した。

[ITmedia]
photo 「EOS-1D Mark IV」

 キヤノンは5月29日、デジタル一眼レフカメラ「EOS-1Ds Mark III」 「EOS-1D Mark IV」 「EOS-1D Mark III」の最新ファームウェアを提供開始した。

 いずれも適用することで、交換レンズ新製品「EF 200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4X」に外付けエクステンダーを装着し、開放F値がF8となる条件でも中央測距点でのオートフォーカスが有効となる。

 また、EOS-1D Mark IVにおいては「RAW」もしくは「RAWA+JPEG」にて連続撮影を繰り返した際、異常な画像が生成されることのある不具合の修正も行われる。

 ファームウェアのバージョンはEOS-1Ds Mark III用がVersion 1.2.2、EOS-1D Mark IV 用がVersion 1.1.3、EOS-1D Mark III用がVersion 1.3.1となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう