ニュース
» 2013年06月06日 14時00分 UPDATE

AF速度最大2.3倍、「EOS M」に新ファームウェア

キヤノンがミラーレスカメラ「EOS M」の最新ファームウェアを提供する。適用することでAF合焦速度の向上が図られる。

[ITmedia]
photo 「EOS M」(ベイブルー)

 キヤノンは6月6日、ミラーレスカメラ「EOS M」の最新ファームウェアを6月下旬より提供開始すると発表した。適用することでAF合焦速度の向上が図られる。

 AFの駆動制御の見直しにより、適用前の状態に比べて最大約2.3倍のAF合焦速度向上を実現した(ワンショットAF、ライブ多点AF、 EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM、焦点距離55ミリでの同社による撮影時)。ただし、速度向上を実現したAFモードは「ワンショットAF」のみで、AF方式(顔+追尾優先、ライブ多点、ライブ1点)や利用レンズ、撮影条件によっても速度は変化する。

 EOS Mは2012年9月より販売開始されたミラーレスカメラ。撮像素子にはEOS Kissシリーズと同サイズの有効約1800万画素 APS-Cサイズセンサーを搭載し、スピードライトなどEOSシリーズのアクセサリーを装着可能。さらにはマウントアダプターを介してEFおよびEF-Sレンズが装着可能と、“EOSシステム”との互換性を保ったモデル。

 カラーは当初、ブラック/シルバー/ホワイト/レッドの4色展開だったが、4月にコミュニケーションディレクターの森本千絵氏が「旅」をテーマにカラーデザインを行ったスペシャルカラーモデル「ベイブルー」が追加されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう