ニュース
» 2013年06月18日 18時30分 UPDATE

「EOS-1D X」「EOS-1D C」一部製品にAF合焦しないなどの可能性

キヤノンは「EOS-1D X」「EOS-1D C」の一部製品について、「AFが合焦しない」「撮影中にファインダーの像がぼやける」などの現象が発生する可能性があると告知した。対象製品は無償での点検修理を行う。

[ITmedia]

 キヤノンは6月18日、デジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X」「EOS-1D C」の一部製品について、カメラ駆動機構へのグリス塗布不足により「AFが合焦しない」「撮影中にファインダーの像がぼやける」などの現象が発生する可能性があると告知した。

photo 「EOS-1D X」

 対象製品については無償での点検修理を実施する。対象となるのは、「EOS-1D X」が機番の左から6ケタ目が1/2/3/4/5/6/7であり、かつ、電池室内部にマーキングのないもの。「EOS-1D C」が機番の左から6ケタ目が1であり、かつ、電池室内部にマーキングのないものとなる。

photophoto 非対象製品のマーキング(写真はEOS-1D X)。電池室内に「A」のマークがあるか、金属先端が黒くなっていれば、機番が本現象の対象でも、修理対象ではない

 対象製品の点検修理は6月25日より対応を開始する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう