ニュース
» 2013年06月26日 13時32分 UPDATE

富士フイルム、195グラムの軽量標準ズーム「XC16-50mm F3.5-5.6 OIS」

富士フイルムはXマウントの標準ズームレンズ「XC16-50mm F3.5-5.6 OIS」の単体販売を9月より販売開始する。既存「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」より大幅な軽量化を果たした。

[ITmedia]

 富士フイルムはXマウント標準ズームレンズ「XC16-50mm F3.5-5.6 OIS」の単体販売を9月より販売開始する。実売想定価格は4万円前後。

photophoto 「XC16-50mm F3.5-5.6 OIS」

 レンズ交換式FUJIFILM Xシリーズの新製品、「FUJIFILM X-M1」のキットレンズとしても設定されており、FUJIFILM X-E1の標準ズームレンズ「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」に比べ、大幅な軽量化が図られている(XC16-50mmは195グラム、XF18-55mmは310グラム)。

 レンズ構成は非球面レンズ3枚と異常分散レンズ1枚を含む10群12枚構成で、FUJIFILM Xシリーズ装着時の焦点距離は35ミリ換算24〜76ミリ相当。最短撮影距離は0.6メートル(マクロ時は30センチ)、最大撮影倍率は0.15倍。サイズは62.6(最大径)×65.2(長さ)ミリ、フィルター径は58ミリ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう