ニュース
» 2013年06月27日 19時53分 UPDATE

キヤノン、AF速度最大2.3倍の「EOS M」新ファームウェア提供開始

キヤノンがミラーレスカメラ「EOS M」の最新ファームウェア「Ver 2.0.2」を提供開始した。適用することでAF合焦速度が最大2.3倍向上する。

[ITmedia]
photo 「EOS M」(ベイブルー)

 キヤノンは6月27日、ミラーレスカメラ「EOS M」の最新ファームウェアを提供開始した。バージョンは2.0.2。

 提供が告知されていた、適用することでAF合焦速度向上を図ることのできるファームウェア。速度向上を実現するAFモードは「ワンショットAF」のみとなるが、AFの駆動制御の見直しにより、適用前の状態に比べて最大約2.3倍のAF合焦速度向上を実現する。ただし、AF方式(顔+追尾優先、ライブ多点、ライブ1点)や利用レンズ、撮影条件によって速度は変化する。

 そのほか、適用することで新レンズ「EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM」にも対応する。「EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM」はEOS Mへ装着した際の35ミリ換算焦点距離は18〜35ミリ相当になる広角ズームレンズで、「IS」の文字が示すように手ブレ補正機構も内蔵している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう