ニュース
» 2013年07月03日 13時19分 UPDATE

デジカメ写真を手間なくクラウドで二重バックアップ トレンドマイクロ「JewelryBox」

トレンドマイクロがクラウドサービスと連携した写真管理デバイス「JewelryBox」を発売する。内蔵ストレージとクラウドと2重バックアップが自動で行われ、スマホの写真も自動で取り込める。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは7月3日、クラウドサービスと連携した写真管理デバイス「JewelryBox」を7月19日より販売開始すると発表した。価格は1万6800円。

photo 「JewelryBox」

 新製品は16GバイトのストレージとIEEE 802.11b/g/nの無線LANを内蔵した写真(静止画・動画)専用のセットトップボックスともよべるもので、写真を撮ったSDカードを、搭載するスロットに差し込むだけで本体ストレージとクラウドサービスへ同時に写真が保存される。カメラとの接続はUSB経由でも問題ない。

 スマートフォン/タブレットについては、アプリを用いたLAN経由での自動取り込みに対応しており、デジカメであろうとスマートフォンであろうと、撮ったデジタル写真のバックアップを含む一元管理を手間なく行えるのが特徴だ。

photophoto 円盤状のボディ前面にはフタがあり、開けるとUSBとSDカードスロットが姿を現す(写真=左)、背面にはHDMIとイーサネット(写真=右)

 対応する静止画と動画のファイル形式は、静止画がJPEG/PNG、動画がAVCHD、MP4、QuickTime、QuickTime MotionJPEG、MotionJPEG。取り込み時には写真1枚あたり200万画素相当(1920×1080ピクセル)へのリサイズが行われる仕様となっており、写真ならば約4万枚(1枚あたり350KB換算)の保存を行える。撮影したままのオリジナルデータは保存されないが、クラウドへのアップロードやアップロードの後の活用を考え、現在の仕様にしたという。

 外部出力端子としてHDMIを備えており、保存した画像はテレビで楽しめるほか、LAN内のパソコンやスマートフォンなどからも閲覧できる。データがクラウドにも存在することから外出先でも画像の閲覧を行えるが、クラウドの利用は2年目以降有償(月額480円)となる。

 共有機能も備える。取り込んだ写真をFacebookやTwitter、mixiへ投稿できるほか、メール添付での共有も行える。クラウド上の写真/動画を閲覧するURLの発行も可能だ。双方がJewelryBoxを所有している必要があるものの、JewelryBox同士でライブラリを共有することもできる。

 写真データのバックアップ手段は外付けHDDやDVDなど光学メディアへの書き込み、さらには既存クラウドサービスの利用など多数存在するが、同社では可能な限り手間を省いた方法を提案することで、世代やITに関する知識を問わずに利用できる製品として新製品を訴求する考えだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう