ニュース
» 2013年07月04日 13時17分 UPDATE

無線LAN搭載SDカード「FlashAir」に16GBモデル 転送速度も高速化

東芝は無線LAN搭載SDメモリーカード「FlashAir」の16Gバイトモデル(SD-WC016G)を発売する。

[ITmedia]
photo 「FlashAir」(16Gバイトモデル)

 東芝は7月4日、無線LAN搭載SDメモリーカード「FlashAir」の新製品として、16Gバイトモデル「SD-WC016G」を7月6日より販売開始すると発表した。価格はオープン。

 既存製品より容量を倍増したほか、SDスピードクラスのClass10にも対応。また、LSIのソフトウェア改良によって、データを無線LANでの転送速度を約30%高速化したという。

関連キーワード

SDカード | FlashAir | 無線LAN | 東芝


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.