ニュース
» 2013年07月25日 13時00分 UPDATE

「ロックオンAF」や有機ELファインダー搭載の2020万画素エントリー 「α58」

被写体の色や輝度から大きさを認識し、よりAFの精度を高める「ロックオンAF」機能を備えるエントリーモデル「α58」がソニーから。

[ITmedia]

 ソニーは7月25日、デジタル一眼カメラ「α58」を8月9日より販売開始すると発表した。「DT18-55 F3.5-5.6 SAMII」と「DT50-200mm F4-5.6 SAM」をセットしたダブルズームレンズキット(SLT-A58Y)と「DT 18-135mm F3.5-5.6 SAM」をセットした高倍率ズームレンズキット(SLT-A58M)が用意され、実売想定価格はいずれも8万5000円前後。

photo 「α58」

 エントリーに位置しながらも、有効約2010万画素“Exmor” APS HD CMOSセンサー(APS-Cサイズ 23.2×15.4ミリ)と画像処理エンジン「BIONZ」を搭載。BIONZの強化によってISO感度は最高ISO16000まで対応するほか、最上機種である「α99」と同様の「エリア分割ノイズリダクション」(画像を平坦/エッジ/テクスチャの3領域に分割し、それぞれに応じたノイズリダクション処理を行う)も実現している。

 AFシステムには半透過ミラーを搭載した「トランスルーセントミラー・テクノロジー」を既存シリーズ同様に採用しており、常時、位相差AFが行える(測距点は3点クロス15点)。新たに被写体の色や輝度から大きさを認識し、よりAFの精度を高める「ロックオンAF」機能を備えており、コンティニアスAFとの併用により動画撮影中のAF精度を高めることもできる。

photophoto

 ファインダーはエントリー機ながら144万画素・視野率100%の有機ELディスプレイを搭載。背面液晶は2.7型(約46万画素)。撮影機能は既存エントリー機「α57」をほぼ継承しており、被写体へカメラを向けるだけで、3分割法による構図をカメラが自動的に判断してトリミングを行う「オートポートレートフレーミング」や、全画素超解像ズーム、15種類のエフェクト、6種類の「クリエイティブスタイル」などを利用できる。

 ダブルズームキットに付属する「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM II」(SAL18552)は「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」に比べると外装が一部変更され、また、後遮光窓の形状見直しによって、フレアやゴーストの発生を抑制している。単体での販売もボディと同日より行われ、価格は31500円。

関連キーワード

α | BIONZ | レンズ | 有機EL | APS-C | 超解像技術


iconicon

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう