ニュース
» 2013年07月30日 18時06分 UPDATE

キヤノン、「EOS-1Ds MarkIII」など3製品に最新ファームウェア

キヤノンが「EOS-1Ds MarkIII」「EOS-1D MarkIV」「EOS-1D MarkIII」の最新ファームウェアを公開した。適用することで、レンズが装着されていない状態で電池消耗が速くなる現象などの対応が行われる。

[ITmedia]
photo 「EOS-1D Mark IV」

 キヤノンは7月30日、「EOS-1Ds MarkIII」「EOS-1D MarkIV」「EOS-1D MarkIII」の最新ファームウェアを公開した。バージョンはEOS-1Ds MarkIII用が1.2.3、EOS-1D MarkIV用が1.1.4、EOS-1D MarkIII用が1.3.2。

 いずれも変更内容は同一。適用することで、レンズが装着されていない状態で電池消耗が速くなる現象、ならびにレンズが装着されていない状態でシャッターをレリーズした際、エラーが表示される(1D MarkIIIならび1Ds MarkIIIでは「Err 70」、MarkIVでは「Err 20」)となることがある現象の修正が行われる。

関連キーワード

EOS | キヤノン | ファームウェア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう