ニュース
» 2013年08月07日 14時16分 UPDATE

5軸補正でさらにブレない カシオ「EX-ZR800」

カシオ計算機“EXILIM”の新製品“EXILIM”「EX-ZR800」は、光学18倍ズームレンズに5軸ブレ補正を搭載。「手ブレゼロ」を追求した。

[ITmedia]

 カシオ計算機は8月7日、コンパクトデジタルカメラ“EXILIM”「EX-ZR800」を8月23日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万円前後。

photo 「EX-ZR800」

 新製品は「EX-ZR700」の後継製品で、光学18倍ズームに最大シャッタースピード5段分相当の手ブレ補正はそのまま、さらに手ブレ補正を5軸補正とすることで「手ブレゼロを徹底追求」(同社)した。

 5軸の手ブレ補正機構は光学式と電子式の併用で、上下左右の回転補正は光学式、上下左右移動ならびに回転軸の補正は電子式で行う。動画撮影時は上下左右の回転補正(光学式)と上下左右移動(電子式)の4軸補正となる。

 撮像素子は1/2.3型 有効1610万画素CMOSセンサーで、画像処理エンジンには「EXILIM エンジン HS Ver.3」を組み合わせる。光学18倍ズームレンズの焦点距離は35ミリ換算25〜450ミリ相当と主要スペックはZR700から変更されていない。高速処理も変わらず、起動時間1.3秒、AF合焦時間0.18秒、撮影間隔0.26秒をうたう。

 撮影機能としては新たにタイムラプスを搭載。撮影間隔と撮影時間については「雲」や「夜景」、「街並み」「乗り物」など11のプリセットが用意されているほか、任意での設定も可能。マニュアル設定時は撮影間隔が1/10〜30秒、撮影時間が3分〜60分で設定できる。なお、撮影時間を「設定なし」とすればバッテリーあるいはファイルサイズの上限(約4Gバイト)に至るまで撮影が続けられる。

 本体サイズは107.4(幅)×60(高さ)×30.7(奥行き)ミリ、約222グラム(バッテリー、SDメモリーカード含む)。カラーはホワイト、ブラック、レッドの3色を用意する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.