ニュース
» 2013年08月09日 15時26分 UPDATE

「SIGMA SD1」「SIGMA SD1 Merrill」にAF駆動性能向上などの新ファームウェア

シグマは「SIGMA SD1」「SIGMA SD1 Merrill」の最新ファームウェアを提供開始した。適用することでAF駆動性能が向上するほか、機能追加、不具合修正も行われる。

[ITmedia]

 シグマは8月8日、「SIGMA SD1」「SIGMA SD1 Merrill」の最新ファームウェアを提供開始した。バージョンはSD1用がVer1.10、SD1 Merrill用がVer1.05。適用することでAF駆動性能が向上するほか、機能追加、不具合修正も行われる。

  • RAWならびにRAW+JPEGで「B/W」(白黒)を選択可能に
  • AF駆動性能の向上
  • 内蔵ストロボおよび「ELECTRONIC FLASH EF-610 DG SUPER SA-STTL」「ELECTRONIC FLASH EF-610 DG ST SA-STTL」「ELECTRONIC FLASH MACRO EM-140 DG SA-STTL」組み合わせ時の調光精度向上
  • バッテリー残量不足時の動作不安定さを改善
  • カスタムモードにマニュアル露出のシャッタースピードと絞り値を登録可能に
  • 一部レンズのレンズIDが正しく認識されないバグの修正
  • 設定メニュー「USBモード」を「カメラコントロール」に設定し、「AELボタンの設定」の「継続」を選択しても、解除されてしまうバグの修正
  • オートパワーオフ復帰後にファインダー表示が消灯してしまうとAFボタンを押しても露出情報が再表示されない現象の改善(SD1 Merrillのみ)

関連キーワード

カメラ | SIGMA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう