ニュース
» 2013年08月22日 14時00分 UPDATE

F1.8レンズ搭載の「世界最薄」コンパクトデジカメ 「PowerShot S120」

薄いボディに明るいレンズの「PowerShot S」がさらに進化。「PowerShot S120」はF1.8の5倍ズームレンズを搭載した「世界最薄」のプレミアムコンパクトだ。

[ITmedia]

 キヤノンは8月22日、高級コンパクトデジタルカメラ「PowerShot S120」を9月中旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、同社直販サイトでの販売価格は4万9980円。

photophoto 「PowerShot S120」

 2012年9月に発表された「PowerShot S110」の後継製品。スリムなボディデザインはそのままにS110より明るい、ワイド端 開放F値 F1.8という光学5倍ズームレンズ(35ミリ換算24〜120ミリ)を搭載した。

 ボディサイズは100.2(幅)×59(高さ)×29(奥行き)ミリ(S110のレンズはF2.0-F5.9 35ミリ換算24〜120ミリ光学5倍ズーム、98.8×59×26.9ミリ)。なお、S120の29ミリという厚さは、F1.8以下のレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラの厚さとしては世界最薄(同社)であるという。

photo

 撮像素子はS110と同じく1/1.7型 有効1210万画素高感度CMOSセンサーだが、画像処理エンジンには新たに「DiGiC 6」を組み合わせる。DiGiC 6の搭載によって解像感や高感度性能、連写速度の向上を果たしたほか、動画についても60fps動画の高画質化、5軸手ブレ補正、MP4記録などを実現している。

 AF速度もAF時間約0.1秒(撮影ライムラグ約0.13秒)とS110から高速化しており、連写についてはフル画素でも12.1コマ/秒での連写画像を、メモリカード残量の限り撮影できる(AF追尾時は約5.5コマ/秒)。

 レンズの構成は両面非球面UAレンズ1枚、両面非球面レンズ1枚、片面非球面レンズ1枚を含む6群7枚構成で、手ブレ補正機構としては対象シーンやシチュエーションに合わせてカメラが最適な補正効果を決定する「マルチシーンIS」も搭載する。

 ユニークな撮影モードとして「星空モード」を新搭載。エリアごとに輝度調整を行い白トビなしの星空を長秒撮影できる「星空夜景」、インターバル撮影した画像を重ねあわせることで星の日周運動を記録できる「星空軌跡」、インターバル撮影した画像をタイムラプス動画として保存する「星空インターバル動画」の3つを利用できる。このほかにも「背景ぼかし」や「HDR」などの撮影モードを用意している。

 定評あるコントロールリングによる操作系や3型液晶のタッチパネル、Wi-FiなどはS110から引き継いで備える。Wi-Fiを利用して、「スマートフォンへの画像転送」「CANON iMAGE GATEWAYを経由してのSNS投稿」「カメラ同士の画像シェア」「パソコンへの無線転送」「対応プリンタからのワイヤレスプリント」が可能となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.