ニュース
» 2013年08月27日 13時00分 UPDATE

ソニー、スマホとの親和性を高めたNFC対応ミラーレス「NEX-5T」

ソニーがEマウントのミラーレスカメラ「NEX-5T」を発売する。「NEX-5R」の後継で像面位相差AFやWi-Fi内蔵などの特徴を引き継ぎながらNFC対応することでスマホとの親和性を高めた。

[ITmedia]

 ソニーは8月27日、Eマウントのミラーレスカメラ新製品「NEX-5T」を9月13日より販売開始すると発表した。ボディ単体、電動ズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」をセットしたパワーズームキット、加えて「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」もセットしたダブルズームレンズキットが用意され、いずれも価格はオープン。

 実売想定価格はボディ単体「NEX-5T」が6万円前後、パワーズームキット「NEX-5TL」が7万5000円前後、ダブルズームレンズキット「NEX-5TY」が10万円前後。

photo 「NEX-5T」

 既存「NEX-5R」の後継となる製品で、像面位相差AFやアプリ追加などの特徴はそのままにNFCを搭載することでスマートフォン連携時の操作性を高めた。

 搭載する撮像素子はNEX-5Rと同じAPS-Cサイズ(23.5×15.6ミリ) 有効1601万画素“Exmor”APS HD CMOSセンサーで、像面位相差AF/コントラストAFを併用する「ファストハイブリットAF」も同様に搭載する。測距点は位相差検出方式時で99点、コントラスト検出方式で25点となる。ISO感度は最高ISO25600で、AUTO時ではISO100〜ISO3200となる。

 Wi-Fiの搭載もNEX-5Rに引き続きとなるがNFCを新たに搭載しており、NFC対応のスマートフォンまたはタブレットと組み合わせた際にはスマートフォン/タブレットをカメラ本体と接触させるだけでWi-Fiのコネクションが確立する。NFCの接点はグリップ外側に設けられている。

photo

 基本デザインはほぼNEX-5Rを踏襲しており、背面のチルト式タッチパネル液晶(感圧式 3型ワイド 約92万画素)は上方向可動約180度、下方向可動約50度のチルト機構を備えており、自分撮りも行える。最大1920×1080ピクセルの動画撮影機能やアプリ追加による機能拡張など、その他仕様はほぼNEX-5Rに準じている。

 カラーはシルバー、ブラック、ホワイトの3色で、本体サイズは約110.8(幅)×58.8(高さ)×38.9(奥行き)ミリ、約276グラム(バッテリー、メモリカード含む)。撮影可能枚数は約330枚(CIPA準拠)。

photophotophoto
iconicon

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.