ニュース
» 2013年08月29日 15時50分 UPDATE

キヤノン、「DPP」など含むソフトウエアパッケージをダウンロード提供開始

キヤノンはカメラ付属CDに含まれる「Digital Photo Professional」などを含んだソフトウェアパッケージ「EOS Digital Solution Disk Software」のダウンロード提供を開始した。ダウンロードにはシリアルナンバーが必要。

[ITmedia]

 キヤノンは8月29日、同社デジタルカメラ製品に付属するCDに含まれる「Digital Photo Professional」などを含んだソフトウェアパッケージ「EOS Digital Solution Disk Software」のダウンロード提供を開始した。

 EOS Digital Solution Disk Softwareは「Digital Photo Professional」「EOS Utility」「Picture Style Editor」の各ソフトウェアが含まれており、製品付属のCDを紛失などで利用できない際にダウンロードして利用できる。ダウンロードには製品のシリアルナンバーが必要で、Windows版とMac OS版が用意されている。

 含まれる各ソフトウェアのバージョンは、Digital Photo Professionalが3.13.20、EOS Utilityが2.13.20、Picture Style Editorが1.13.20となっている。

 なお、同日より「EOS Utility」をバージョン「2.13.21」とするアップデータ(Win/Mac)および、FinalCutPro用プラグイン「EOS MOVIE Plugin-E1 for Final Cut Pro 1.5」(EOS 70Dに対応)も提供開始されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう