ニュース
» 2013年09月02日 14時00分 UPDATE

新提案は「置き撮り」「自分撮り」 キヤノンから新コンセプトビデオ「iVIS mini」

キヤノンが手に持って構えて撮影するのではなく、ボディにスタンドを備え“置き撮り&自分撮り”というスタイルを提案する新製品「iVIS mini」を発売する。

[ITmedia]

 キヤノンは9月2日、新コンセプトのビデオカメラ「iVIS mini」を9月中旬より販売開始すると発表した。同社直販サイトのみの限定販売で、価格は2万9980円。

 手に持って構えて撮影するのではなく、ボディにスタンドを備え“置き撮り&自分撮り”というスタイルを提案する新製品。レンズは対角160度(静止画撮影時170度)のワイドアングルレンズで、タッチパネル液晶も背面/対面双方に動かせる2軸ヒンジ式のチルトタイプを搭載する。

photophoto 「iVIS mini」 カラーはホワイトとブラック
photophoto 液晶は2軸ヒンジで背面/対面双方に可動

 電源ONとスライドカバーオープンが連動する薄型のボディは、76(幅)×22(高さ)×96(奥行き)ミリ、約180グラム(バッテリー、メモリカード含む)で、記録メディアにはmicroSDカードを使用する。スタンドは水平から60度まで任意の位置で固定できる。

photo 正面にはステレオマイクとレンズ。レンズカバーは電源スイッチと連動して開閉する

 撮影時の自由度を高めるために左右/上下反転での記録/再生に対応するほか、1/4倍・1/2倍のスローモーション及び、4倍・2倍のファストモーション(早送り記録)も行える。静止画および動画のインターバル記録も行える。

 Wi-Fiも搭載しており、専用アプリ「Camera Access Ver2」をインストールしたスマートフォンやタブレットからライブビュー映像の確認やリモート操作を行えるほか、スマートフォンなどのWebブラウザを使用してカメラに保存された映像を確認/保存することもできる。iOS端末からは動画の保存は不可能だが、iOSアプリ「Movie Uploader」を使えばiOS端末への保存やSNSアップロードも行える。

 カメラ本体から直接、同社運営のWebサービス「CANON iMAGE GATEWAY」に動画をアップロードすることができ、そこからFacebookやTwitter、Youtubeなどへのアップロード(TwitterについてはCANON iMAGE GATEWAYで閲覧するためのURLをタイムラインに投稿する)することも可能だ。

 記録形式はMP4で、記録サイズは最大で1920×1080ピクセル 30/24P(ビットレートは24/17Mbps)。ダウンコンバート機能も用意されており、1280×720/30p/4Mbpsへの変換が行える。搭載マイクはステレオマイクで、場面にあわせて周波数特性や指向性を変更する「オーディオシーンセレクト」機能も用意されている。

photo 別売オプションの防滴ケース「SP-V1」

 オプションとして、防滴ケース「SP-V1」(1万290円)が11月より販売開始される。装着時にはIPX4(水の飛まつに対する保護)ならびIPX7(水深1メートル/30分に対する保護)を得られるが、あくまで防滴ケースとなっており、不意の雨や水しぶきなどから本体を保護するケースとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.