ニュース
» 2013年09月05日 13時00分 UPDATE

ニコン、EVF搭載のシリーズ最上位「COOLPIX P7800」

ニコンが光学7.1倍 開放F値F2-F4と明るいレンズを搭載する、高級コンパクト「COOLPIX P7800」を発売する。92万画素のEVFを新たに搭載した。

[ITmedia]

 ニコンは9月5日、シリーズフラグシップとなるコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P7800」を10月10日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は6万5000円前後。

photo 「COOLPIX P7800」

 昨年秋に販売開始された「COOLPIX P7700」の後継モデルで、35ミリ換算 28〜200ミリ相当 F2-F4の明るいレンズに1/1.7型 有効1219万画素 裏面照射型CMOSセンサーを組み合わせる構成はそのまま、新たに92万画素の視野率100% 電子ビューファインダーを搭載した。

photophoto

 レンズ構成はEDレンズ2枚を含む10群13枚で、レンズシフト式の手ブレ補正機構も備えている。動画は最大1920×1080ピクセルのフルHD対応で、NTSC/PALの切り替えによって、30fpsと25fpsが自動的に切り替えられる。ISO感度は最高ISO6400で、シャッタースピードは1〜1/4000秒だ。

 92万画素/3型のバリアングル液晶も引き続き搭載するが、画素にホワイトの入ったRGBW構成になり、より高い輝度での表示も行える。ワイヤレスアダプター「WU-1a」やワイヤレスリモコン「WR-R10」などオプションの利用も可能だ。本体サイズは約118.5(幅)×77.5(高さ)×50.4(奥行き)ミリ、約410グラム(バッテリー、メモリカード含む)。最大撮影枚数は約350枚(CIPA規格)。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.