ニュース
» 2013年09月05日 14時00分 UPDATE

富士フイルム、大口径単焦点レンズ「XF23mmF1.4 R」を発売

富士フイルムは、35ミリ換算35ミリとなるXマウント交換レンズ「XF23mmF1.4 R」を発売する。

[ITmedia]

 富士フイルムは9月5日、Xマウントを採用する交換レンズ「XF23mmF1.4 R」を10月12日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売予想価格は9万円代なかば。

photo 「XF23mmF1.4 R」

 ロードマップには既に公開されていた、レンズ交換式のFUJIFILM Xシリーズ装着時に35ミリ換算35ミリ相当となる大口径単焦点レンズ。レンズ構成は非球面レンズ1枚を含む8群11枚構成で、歪曲収差を光学補正のみで行うことで高い画質を実現したという。全レンズには独自の多層コーティング「HT-HBC」が施されている。

 製品名に「R」の文字を含む同社既存製品と同様に本体には絞りリングを搭載。加えて距離指標と被写界深度指標もレンズ鏡胴上に備えており、MF撮影にも配慮されている。AFはインナーフォーカス方式を採用する。最大撮影倍率は0.1倍で、サイズは72(最大径)×63(長さ)ミリ、300グラム。

photo FUJIFILM X-E1との組み合わせ例

関連キーワード

FUJIFILM X | APS-C | 富士フイルム | Xマウント


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう