レビュー
» 2013年09月06日 00時00分 UPDATE

交換レンズ百景:アートフィルターと相性抜群、いい味出してる“ボディーキャップ” オリンパス「BCL-1580」

わずか9ミリと薄く、そして安価。なんとも面白いレンズがオリンパスの“ボディーキャップレンズ”「BCL-1580」。「PEN」などに組み合わせて、アートフィルターを楽しむのに最適だ。

[三井公一,ITmedia]

 オリンパスから面白いレンズが出ている。それは“ボディーキャップレンズ”「BCL-1580」。その名の通りボディキャップと見間違うほど薄い、わずか厚さ9ミリのマイクロフォーサーズ用超薄型レンズである。

photo オリンパスの“ボディーキャップレンズ”「BCL-1580」(カメラは同じくオリンパス「E-P5」)

 スペックは15ミリ(装着時30ミリ相当)のF8固定。レンズ保護バリア兼フォーカシングレバーを開くだけで、即スナップ撮影ができるお手軽レンズだ。フォーカスは無限とパンフォーカス、そして約30センチの位置で固定でき、途中位置での微調整も可能。その名の通りボディキャップ代わりに装着しておき、とっさの撮影が楽しめる特徴的なレンズとなっている。

 このレンズをオリンパス「E-P5」に装着していろいろ撮り歩いてみた。カメラに手ブレ補正機能があるためイージーに撮影をしてみたが、これがとてもよく写るのだ。F8という明るさのため、暗所での撮影は慎重さが求められるが、日中のスナップなどは予想以上の結果が得られた。

 遠景よりも2〜3メートルほどの距離の絵がとてもいい。もちろん通常のレンズには及ばないが、ウィンドウの描写やLED表示板の雰囲気などなかなかだ。もっとトイカメラ風のレトロな結果を期待していたのだが、よく写りすぎでガッカリ(笑)したほど。ということでE-P5のアートフィルター機能を使って楽しむことにしてみた。ラフモノクロームで撮ってみたがいい感じ。

photophoto いずれもF8、1/125秒、ISO100、プログラムAE、WBオート、露出補正 +0.3、右は「ラフモノクローム」適用

 太陽の光がまばゆい林でのカット。30ミリ相当の単焦点はオールマイティーに使える長さだ。「!」と思った時にバッグから引っかかることなく、スルリと出せるこの極薄のレンズはシャッターチャンスに強いかもしれない。レンズ保護バリア兼フォーカシングレバーをパンフォーカス位置にセットさえすれば、フォーカスを気にすることなく速写が可能だからだ。ただもうちょっとこのロックは固めな方が、不用意に動かなくていいと思う。

photo F8、1/15秒、ISO100、プログラムAE、WBオート、ファンタジックフォーカス

 パンフォーカスにセットしたらあとはフレーミングを決めてシャッターを切るだけ。時にはノーファインダー撮影も。この撮影感覚はiPhoneでのそれに似ている。アートフィルターでイメージを増幅するところもアプリでの加工と通じるものを感じる。

photo F8、1/200秒、ISO100、プログラムAE、WBオート、ジェントルセピア

 このレンズ、30ミリ相当だが女性ポートレートにも向いているかもしれない。カリカリに「写りすぎない」ところがいい。またアートフィルターでさらにソフトにしてみると、これがまたいいデキなのである。

photo F8、1/200秒、ISO100、プログラムAE、WBオート、露出補正 +0.3、ファンタジックフォーカス)

 F値とセンサーサイズもあって、背景をぼかすのは難しいが、積極的に背景とモデルを組み合わせて撮ると面白い。この感覚もまた、iPhoneでの撮影と似ている。

photo F8、1/100秒、ISO100、プログラムAE、WBオート、露出補正 +0.3、ポップアート

 縦位置でジオラマモードで撮影。通常はミニチュア効果を出すために使うフィルターだが、モデルだけに視線が行くようにあえて撮ってみた。こうするとモデルが背景から浮き立ってくる。厳密にフォーカシングしたい場合は、Fnボタンに拡大表示を割り当てて、じっくりとマニュアルで合わせよう。

photo F8、1/100秒、ISO100、プログラムAE、WBオート、露出補正 +1、ジオラマ

 このレンズは大胆にフレーミングし、思い切りアートフィルターで遊ぶとハッとする写真が撮れる。モデルに座ってもらい、見下ろして美しい表情を狙ってみる。トイフォトフィルターがレンズの描写を盛り上げて、ノスタルジックなイメージに仕上がった。

photo F8、1/25秒、ISO100、プログラムAE、WBオート、露出補正 +1、トイフォト

 このボディーキャップレンズ、アートフィルターとの相性が抜群にいい。もちろん通常のスナップにも「いい味」で使える。価格もとても買いやすい設定なので、マイクロフォーサーズ機を持っている人は「レンズキャップ」代わりにいいだろう。私も欲しくなってしまったが、現在マイクロフォーサーズ機を持っていないので、格安の中古を物色しようか悩んでいるところだ(笑)。

photo F8、1/3秒、ISO100、プログラムAE、WBオート、露出補正 +0.7、ポップアート

(編注:本記事では一般的な撮影状態での利用を念頭としているため、人物撮影にレフ版などは利用しておりません)

(モデル:石川彩夏 オスカープロモーション)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.