ニュース
» 2013年09月10日 13時00分 UPDATE

オリンパスから「M.ZUIKO PRO」第一弾、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」

オリンパスが交換レンズ「M.ZUIKO PRO」シリーズを新設、第一弾として「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を投入する。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは9月10日、マイクロフォーサーズ規格のレンズシリーズとして「M.ZUIKO PRO」を新設、第一弾として大口径標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を11月下旬より販売開始すると発表した。価格は11万2350円。

photo 「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」

 新製品は35ミリ換算28〜80ミリ相当の焦点域で全域開放F値 F2.8となる、大口径標準ズームレンズ。フォーサーズ規格の「HIGH GRADE」レンズを超える画質を実現するためにEDレンズ2枚、EDAレンズ1枚、HRレンズ2枚、HDレンズ1枚、DSAレンズ1枚、非球面レンズ2枚を含む9群14枚としたほか、ZEROコーティングなど最新の技術を投入した。

 リニアモーターによるMSC機構で高速かつ静かなAFを実現しつつ、フォーカスリングを手間に引くと距離目盛りが表れマニュアルフォーカスを使用できる「マニュアルフォーカスクラッチ機構」も採用した。

 最大撮影倍率は0.6倍(35ミリ換算)で、ズーム全域での最短撮影距離は20センチ。レンズ先端やマウント部分だけではなく各所にシーリングが施されており、防じん防滴仕様となっている。サイズは69.9(最大径)×84(全長)ミリ、382グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.