ニュース
» 2013年09月12日 13時04分 UPDATE

“レンズだけサイバーショット”「DSC-QX100」「DSC-QX10」国内販売決定 価格は?

スマートフォンをファインダーがわりとするユニークなデジタルカメラ“サイバーショット”「DSC-QX100」「DSC-QX10」の国内販売が決定した。

[ITmedia]

 ソニーはIFAで披露した“サイバーショット”「DSC-QX100」「DSC-QX10」を10月25日より国内にて販売開始すると発表した。価格はいずれもオープンで、実売想定価格は1型センサーを搭載するQX100が5万5000円前後、10倍ズームレンズを搭載するQX10が2万5000円前後。

photophoto 「DSC-QX100」(写真=左)、「DSC-QX10」(写真=右)

 両製品はレンズ鏡胴のみのように見えるボディを採用しており、スマートフォンをファインダーがわりとして利用する。撮影画像の確認もスマートフォンより行う。スマートフォンとの接続はWi-Fiにて行い、NFCにも対応することからNFC搭載スマートフォンとはカメラとスマートフォンを接触させるだけでWi-Fi接続が完了する。

photo スマートフォンへの取り付け例 同梱アタッチメントで挟み込むようにしてスマートフォンにカメラを固定する

 QX100は35ミリ換算28〜100ミリ F1.8-F4.9のカールツァイス Vario-Sonnar T*レンズに1型 有効2020万画素Exmor R CMOSセンサー、QX10は35ミリ換算25〜250ミリのレンズに1/2.3型 有効1820万画素 Exmor R CMOSセンサーを組み合わせる。センサーとレンズの組み合わせはそれぞれ「DSC-RX100 II」および「DSC-WX200」と同等だ。

 同梱されるスマートフォン取り付け用アタッチメントは、幅13ミリ以下、幅54〜75ミリのサイズに対応。一部の大型製品を除いて市販されているほぼすべてのスマートフォンへ本製品を装着できる。

 別売オプションとしてXperia専用アタッチメントケース「SPA-ACX1」(3255円)、、キャリングケース「LCS-BBL」(DSC-QX100用 3780円)、「LCS-BBM」(DSC-QX10用 3225円)も販売される。キャリングケースはEマウントレンズのケースとしても利用できる。

iconicon

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.