ニュース
» 2013年09月19日 13時00分 UPDATE

「世界初」 レンズも防水のミラーレス ニコン「Nikon 1 AW1」

ニコンが水深15メートルまでの利用に耐えるミラーレスカメラ「Nikon 1 AW1」を発売する。2メートルからの落下にも耐える。レンズ交換式として「世界初」レベルのタフネス性能だ。

[ITmedia]

 ニコンは9月19日、ミラーレスカメラ「Nikon 1」シリーズの新製品として、防水・耐衝撃のタフネス性能を備えた「Nikon 1 AW1」を10月より販売開始すると発表した。同様に防水・耐衝撃性能を備えた交換レンズ「1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6」が付属するレンズキットのニコンダイレクト販売価格は8万9800円。防水耐衝撃レンズとしては「1 NIKKOR AW 10mm f/2.8」(4万2000円)も同時に販売開始される。

photo 「Nikon 1 AW1」

 「世界で初めて」(同社)レンズ交換式デジタルカメラで防水・耐衝撃のタフネス性能を備えた。防水についてはIPX8(水深15メートルで60分以内の撮影が可能)、耐衝撃については2メートルの高さから落下に耐える(MIL-STD 810F Method 516.5-Shock準拠の同社試験をクリア)。加えてマイナス10度での利用に耐える耐寒性能も備える。同時発表のレンズ2本も同様のタフネス性能を備えている。

 レンズマウントには防水に配慮した「ニコン1防水マウント」を採用するが、既存「1 NIKKORレンズ」はもちろんのこと、マウントアダプター「FT1」を介してNIKKORレンズを装着することもできる。

photophoto

 撮像素子は有効1425万画素 CXフォーマット(13.2×8.8ミリ)の「スーパーハイスピードAF CMOSセンサー」で、ローパスレス仕様。撮像素子面に位相差AFセンサーを搭載し、コントラストAFも併用するハイブリッド式になっており、測距点は像面位相差AFが73点、コントラストAFが135点。AF固定ならば約60コマ/秒の高速連写も行える(AF追従時は最高約15コマ/秒)。

 アウトドアスポーツ時の利用も考慮されており、背面の「アクションボタン」を押しながらカメラを傾けると撮影モードの変更や再生時の画像送りなどを行えるほか、意図しないボタン操作を防ぐためのボタンロック機能などを備える。電子コンパスも搭載しており、カメラの向いている方角を画像へ記録することが可能だ。

 また、シュノーケリングやダイビングでの利用にも考慮されており、クリエイティブモードには水中撮影に適したモードを3つ(スタンダード、ダイビング、クローズアップ)新設、ホワイトバランス設定にも「水中」が用意されている。水中撮影で発生する糸巻き状のゆがみを自動補正する。内蔵フラッシュの水中利用も可能だ。

photo

 撮影機能としては既存Nikon 1シリーズを踏襲しており、シャッター半押しの間にキャプチャした写真をスロー再生して決定的瞬間だけを残す「スロービュー」や、連写した中からカメラが5枚だけ選んでくれる「スマートフォトセレクター」、シャッターを押した前後をスローモーション動画として保存する「モーションスナップショット」などの機能を搭載する。

 本体サイズは約113.3(幅)×71.5(高さ)×37.5(奥行き)ミリ、約356グラム(バッテリーおよびSDメモリカード含む)。 オプションとしては3色展開のシリコンジャケット「CF-N6000」、グリップ「GR-N6000」、液晶保護フィルム「LPS-N6000」などが用意される。

photophoto シリコンジャケット「CF-N6000」装着時

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.