ニュース
» 2013年10月16日 15時00分 UPDATE

全域F2.8高倍率ズームレンズの1型センサー搭載機 「DSC-RX10」

ソニーがサイバーショット“RX”の新製品として、1型裏面照射型“Exmor R”に全域F2.8の24〜200ミリ相当ズームレンズを組み合わせた「DSC-RX10」を発売する。

[ITmedia]

 ソニーは10月16日、1型センサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「DSC-RX10」を11月15日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は13万円前後。

photo 「DSC-RX10」

 新製品は有効2020万画素 1型(13.2×8.8ミリ)裏面照射型センサー“Exmor R”に、35ミリ換算24〜200ミリ相当 全域F2.8の“カールツァイス バリオゾナー T*”レンズを組み合わせた高倍率ズームモデル。同社1型センサー搭載機としては「DSC-RX100」「DSC-RX100 M2」に続く3モデルめとなる。

 レンズ一体型ながら同社では従来、レンズ交換式カメラのボディ内手ブレ補正用として使用されていた超音波モーターをフォーカスレンズ駆動用として設計して搭載。駆動制御の精度を高めたことによって鏡胴の小型化とAF速度の向上を実現した。AFについては被写体の大きさを認識して追尾枠の大きさをリニアに変更するロックオンAF、瞳優先AFなどの機能を備え、AF枠サイズの変更も可能だ。

photophoto
photophoto

 レンズユニットには「AAレンズ」を含む7枚の非球面レンズを採用、一体型設計ならではの、周辺部までのクリアな描写も実現した。なお、高倍率ズームレンズ搭載モデルながら、ワーキングディスタンスはテレ端30センチ/ワイド端3センチと近接撮影にも強い。

 手ブレ補正は光学式を搭載しており、動画撮影時には電子式を併用することで回転軸の補正も行いより高い補正効果を得る“アクティブ”モードも利用できる。ISO感度はISO100〜ISO12800で、連写合成による「マルチショットノイズNR」使用時には最高ISO25600となる。

 画像処理エンジンには同時発表された「α7R」「α7」と同様の新型エンジン「BIONZ X」を組み合わせており、高速な処理能力によって動画撮影時のエリア分割ノイズリダクション処理を可能としたほか、輪郭強調を押さえながらも描写力を高めた「ディテールリプロダクション」や回折低減機能も実装している。

 動画はAVCHD Ver2.0およびMP4記録が可能で、AVCHD記録時の最高画質設定は1920×1080/60p(ビットレート28Mbps)となる。HDMIによる撮影中の同時出力(出力側のOSD非常時も可能)やXLRボックスにも対応しており、映像記録用としての能力も高くなっている。Wi-FiとNFCも搭載。4K静止画の出力も可能だ。

 マグネシウム合金を使用したボディは防じん防滴に配慮した構造となっており、背面には3型/約123万画素 チルト式液晶、ファインダーには有機EL 約144万画素のEVFを搭載する。本体サイズは129(幅)×88.1(高さ)×102.2(奥行き)ミリ、813グラム(バッテリー、メモリカード含む)。

iconicon

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.