ニュース
» 2013年10月17日 18時35分 UPDATE

パナソニック、沈胴機構を備えた小型軽量ズーム「LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH./ MEGA O.I.S」

パナソニックが広角24ミリからの沈胴機構を備えた小型軽量ズーム「LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH./ MEGA O.I.S」を発売する。

[ITmedia]

 パナソニックは10月17日、マイクロフォーサーズ規格に準拠した交換レンズ「LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH./ MEGA O.I.S」(H-FS12032)を11月21日より販売開始すると発表した。価格は4万4100円。

photo 「LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH./ MEGA O.I.S」(H-FS12032)

 同時発表された“世界最小ボディ”「LUMIX G」のキットレンズともなっている、35ミリ換算24〜64ミリ相当の小型標準ズーム。沈胴構造を採用することで未使用時にはパンケーキレンズと見まがうほどの55.5(最大径)×24(高さ)ミリの大きさとなる。このスモールサイズながら、手ブレ補正機構も搭載する。

 フィルター径は37ミリで最大撮影倍率は0.13倍(35ミリ換算0.26倍)、最短撮影距離は0.2メートル(焦点距離12〜20ミリ)および0.3メートル(焦点距離21〜32ミリ)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.