ニュース
» 2013年10月21日 14時14分 UPDATE

デジタルカメラ総合販売ランキング(2013年10月7日〜10月13日):デジカメ販売ランキングに変動少なし、年末商戦に向けた動きか (1/2)

年末向け商戦を控えてか、10月初旬集計のランキングはデジタル一眼・コンパクトデジカメともに動きが少ない。

[ITmedia]

 年末向け商戦を控えてか、10月初旬集計のランキングはデジタル一眼・コンパクトデジカメともに動きが少ない。

 デジタル一眼ランキング、コンパクトデジカメランキングのいずれもトップ10ランクイン機種の顔ぶれが変わらず、1〜3位の順位も前回から変わっていない。ここまで変動が少ないことも珍しい。

 デジタル一眼のトップ3は「EOS Kiss X5 ダブルズームキット」「D3200 ダブルズームキット」「D5200 ダブルズームキット」、コンパクトデジカメのトップ3は「COOLPIX S3500」「DSC-WX300」「DSC-WX200」と続いている。デジタル一眼ランキングにミドルクラス機の「EOS 70D」が引き続きランクインしているのも変わらない。

 今回のランキング集計期間は10月7日〜10月13日と年末に向けた新製品の発表前ともいえる時期で、順位変動が少ないのはある意味当然といえる。しかし、まもなく魅力的な新製品が多く市場に登場する時期がやってくる。

 今年の年末向け新製品は価格帯的にいえばミドル〜ハイクラスの製品が多く、本ランキングに登場するモデル数はそう多いと思えないが、D5300の後継でWi-Fiを内蔵した「D5200」やXマウント採用のエントリーモデル「FUJIFILM X-A1」といったエントリークラスのほか、“世界最小ボディ”をうたう個性派「LUMIX GM」など魅力ある製品が年末商戦をにらんで登場する。

photophoto 「D5300」(写真=左)、「FUJIFILM X-A1」(写真=右) いずれも年末商戦をにらんで投入される

 これら登場に伴う現行品の価格変化も今後は見られるはずで、もうしばらくすれば、ランキングにも変動が見られると考えられる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.