ニュース
» 2013年10月30日 19時21分 UPDATE

年末商戦狙いか カメラ販売“偽サイト”に注意

有名ブランドあるいは有名店の名称を一部に入れ込んだ、あるいは非常によく似た“偽サイト”が確認されており、関係各社では注意を呼びかけている。

[ITmedia]

 有名ブランドあるいは有名店の名称を一部に入れ込んだ、あるいは非常に見た目の似ていながらも実質無関係のカメラ販売サイトが複数確認されており、関係販売店およびメーカーでは注意を喚起している。

 現在、自社運営のサイトに似通った紛らわしいサイトを確認、注意を喚起しているのはマップカメラ、カメラのキタムラといった販売大手のほか、ニコンでも社名の一部にニコンという文字列を含みながらも同社と無関係のショッピングサイトを確認しているとして、注意を呼びかけている。

 マップカメラでは連絡先電話番号が携帯電話番号である、販売代金振込先が個人名、販売価格が極端に安価である、などが確認できた場合、偽サイトである可能が高いと注意している。

関連キーワード

カメラ | 偽サイト | 注意喚起 | 年末


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.