ニュース
» 2013年11月06日 16時27分 UPDATE

富士フイルム、位相差AFと点像復元対応の最新レンズファームウェア

富士フイルムが「XF」交換レンズの最新ファームウェアを公開した。適用することで、新製品「FUJIFILM X-E2」の位相差AFならび点像復元処理に対応する。

[ITmedia]

 富士フイルムは11月6日、「XF」交換レンズの最新ファームウェアを公開した。

 新製品「FUJIFILM X-E2」の位相差AFならび点像復元処理に対応するもので、「XF14mmF2.8 R」「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」「XF35mmF1.4 R」「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」「XF60mmF2.4 R Macro」「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」の各レンズについて新ファームウェアが用意された(XC16-50mmF3.5-5.6 OISについては位相差AF対応のみ)。

photo FUJIFILM X-E2

 なお、 「XF23mmF1.4 R」「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS」は最新ファームウェア適応同等状態での出荷となっており、「XF18mmF2 R」「XF27mmF2.8」については11月下旬に対応ファームウェアが提供される予定となっている。

関連キーワード

富士フイルム | FUJIFILM X | 交換レンズ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう